ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-05-27 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年12月04日 15:58
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国・日本・ネパールが連携
IT人材の就職支援始まる

 永進専門大学校(大邱広域市)は、1977年設立で、コンピューター情報、電子情報通信などを主要学部として有する。企業のニーズに即した実務型教育が特徴で、企業から事前に「教育内容と人数」の要請を受けて教える注文式教育を確立した。日本企業への就職率は6年連続で100%を誇る。
一方、ネパール国内ではITなど高等教育を受けた人材の失業率が上昇、多くの学生は海外での就労を希望している。そこで、IT人材を確保したい日本企業のネットワークを持つ採用支援会社、フォースバレー・コンシェルジュ(東京都千代田区)と永進専門大学校は、共同で日本企業の奨学金付き日本語コース「Connect Jobクラス」を、国立トリブバン大学をはじめ3大学で開講する運びとなった。授業では日本語やビジネスマナーなど、日本での就職に必要な教育を受けられる。

2019-12-04 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
労働党日本支部をいつまで許すか
洗って使える韓国製抗菌マスク
慰安婦団体に金銭問題浮上
「韓国民の寄付」朝鮮学校の奨学金へ
デジタル全体主義へ進む文在寅政権
ブログ記事
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
自由統一
金正恩、核兵器を拡散か
崩壊間近か、金正恩体制
最後の秘密親衛隊を組織
末期状況を露呈する平壌
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません