ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-05-27 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年12月04日 15:33
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

香港のデモが収束する気配を見せない中、先月韓国の大学生たちが、ソウルで「香港民主化デモに対する中国共産党の圧制と暴力を糾弾する」集会を開いた。本紙もすでに報じているが、本件に関して初の支持表明のデモとなった▼本紙記事では、デモに参加した大学生と、中国共産党を支持する中国人留学生の間で小競り合いがあったという。掲示物を貼った、剥がしたといった程度で、物理的な衝突ではなかったようだが、やはり思い出されるのは08年北京五輪の前に行われた聖火リレーでの出来事だ▼当時は中国政府の少数民族に対する弾圧に抗議する声が、リレーの周辺で巻き起こった。その声に反発するように、中国人留学生が力に訴えたという騒動である。暴力をふるったのは少数ではなく、負傷者も出た。この一件は、一般の韓国人が中国に対して抱いていた幻想を打ち砕くものとなった▼同じ人権問題として、しかも同族への深刻な人権侵害である金正恩政権へのデモはどうか。最近は文在寅政権へのデモが盛んだが、参加者が見据えるその先には金正恩政権の打倒がある▼金正恩政権打倒のデモに反対するのは主思派の韓国人だ。住民の飢えや苦しみ、韓国をはじめとする国際社会への挑発も彼らの目には映らないようだ。あれだけ文政権打倒の太極旗集会が行われているなか、自由な韓国に来て共産党の矛盾に気づかない中国人留学生もそうだが、韓国の主思派はそれ以上に厄介である。これをいつまで許すのか。韓国国民の民度が問われている。

2019-12-04 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
労働党日本支部をいつまで許すか
洗って使える韓国製抗菌マスク
慰安婦団体に金銭問題浮上
「韓国民の寄付」朝鮮学校の奨学金へ
デジタル全体主義へ進む文在寅政権
ブログ記事
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
自由統一
金正恩、核兵器を拡散か
崩壊間近か、金正恩体制
最後の秘密親衛隊を組織
末期状況を露呈する平壌
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません