ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年11月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【映画】「パラサイト 半地下の家族」(韓国)
相反する2つの家族が交差した結末とは

半地下の家族©2019CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
 映画『パラサイト 半地下の家族』は、2019年カンヌ国際映画祭で韓国映画史上初のパルムドール(最高賞)を受賞。観客動員数も韓国で1000万人突破、フランスで150万人を突破するなど、世界各国で動員記録を塗り替えている話題作である。
半地下住宅に住むキム一家は全員失業中。度々事業に失敗した過去を持ち、計画性も仕事もないが、楽天的な父ギテク。そんな甲斐性なしの夫に強くあたる元ハンマー投げ選手の母チュンスク。大学受験に落ち続け、若さも能力も持て余している息子ギウ。美大を目指すが、予備校に通うお金もない娘ギジョン。しがない内職で日々をしのぐ彼らは、ただただ普通の暮らしがしたいと願っていた。そんなある日、長男ギウが友人の紹介で、高台の豪邸で暮らすパク家へ家庭教師の面接を受けに行くことに。そして妹ギジョンも兄に続き、豪邸へ足を踏み入れる。半地下住宅で暮らすキム一家と、高台の豪邸で暮らすパク一家。この相反する二つの家族が交差した先に、想像を遥かに超える衝撃の光景が広がっていく―。
監督は映画『殺人の追憶』『スノーピアサー』のポン・ジュノ。貧富の格差と家族愛を主軸に、コメディ、サスペンス、ホラー、アクション、パニック、ヒューマンドラマといった様々な要素を盛り込んだ作品に仕上げた。俳優陣も演技派が集結。貧しい一家の大黒柱キム・ギテクを演じるのは、『殺人の追憶』を始め、ポン・ジュノ監督と4度目のタッグを組む韓国を代表する名優ソン・ガンホ。本作では温厚な父が見せる一瞬の狂気が強烈な印象を残す。その他、IT企業社長パク・ドンイク役にイ・ソンギュン、その妻にチョ・ヨジョン、ギウ役にチェ・ウシクなど、個性豊かな面々がそろった。
映画『パラサイト 半地下の家族』は、かつてない韓国映画である。ポン・ジュノ監督は「普通の人々を描いた本作は、道化師のいないコメディ、悪役のいない悲劇だ」と話す。そこにあるのは、善意でも悪意でもない。何気ない人々の言動が引き金となり、回避不能なできごとに陥っていくだけ。誰にでも起こり得ることなのが最も恐ろしい。
韓国映画を観始めて20年。面白い作品や素晴らしい作品は数あれど、世界的な作品になかなか出合うことができなかった。本作を観賞後、ようやく世界に誇れる作品と出合えたような気がして、喜びに打ち震えた。

(宋 莉淑 ソン・リスク/文筆家)

公開=2020年1月10日(金)より全国ロードショー。
公式HP=http://www.parasite-mv.jp/

2019-11-27 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません