ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年11月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
速報 統計ニュース

10月の失業率改善
製造業・小売業の就業者は減少

韓国統計庁は13日、10月の雇用動向を発表した。 
それによると、10月の失業率は3・0%で、前年同月に比べ0・5ポイント改善した。若年層(15~29歳)の失業率は、同1・2ポイント縮小の7・2%。いずれも10月としては2013年以来の低水準となった。
一方、10月の失業者数は86万4000人で前年同月比10万8000人減少した。
就業者数は2750万9000人で、前年同月比で41万9000人の増加。3カ月連続で30万人を超えた。
実感に近い失業率とされる雇用補助指標も10・6%と、0・5ポイント改善した。
指標は数字的にはすべてが改善傾向にある。しかし40万人台に増加した就業者数も質が伴っておらず、経済活動の基盤となる製造業と卸・小売業で大幅減となった。

半導体市場が底打ち
サムスンのシェア46%超


半導体情報サイトのDRAMエクスチェンジは、半導体メモリのDRAMの7~9月期世界売上高とシェアを発表した。
それによると同期間のDRAMの売上げは154億4700万ドルで前期比4・1%増加した。2018年10~12月期に前期比マイナス18・3%と減少して以来、継続して下がり続けてきたが今回、プラスに転じた。
韓国・サムスン電子の売上高は71億1900万ドルでトップ。シェアは46・1%と約2年ぶりの高水準だった。2位のSKハイニックスのシェアは前期とほぼ横ばいの28・6%だった。韓国勢2社の合計は74・7%と圧倒的なシェア。
DRAMエクスチェンジによると、4~6月期からDRAMを使う企業の在庫量が過剰状態から改善し、正常レベルに回復。米国が発動する関税の強化を回避しようと出荷を急ぐメーカーもあり、供給量が増えたと分析している。

キムチ輸出量が過去最大へ
年間3万トン超が視界に


韓国関税庁と韓国農水産食品流通公社の統計資料によると、1~9月のキムチの輸出量は2万2148・5トン、輸出額は7835万5000ドルで、2019年度の年間輸出量3万トン・輸出額1億ドル達成が現実的になった。
キムチの年間輸出額は12年に1億660万ドルでピークを迎え、その後、減少を続けた。15年には7354万3000ドルまで低下したが、16年から増加に転じた。昨年は9745万6000ドルまで回復した。
一方、輸出量は3万トンを一度も超えたことがない。年間輸出量が3万トンを超えるためには、10~12月期の輸出成績次第だが、例年、寒くなる冬は輸出が増える傾向にある。昨年も同期の輸出量は7886トンと四半期のなかで最も多かった。
昨年の対日輸出額は5610万4000ドルで、米国、台湾、香港、オーストラリアなどの主要輸出国・地域を足した額より多く、達成できるかどうかは、日本への輸出量にかかっている。

対日赤字が大幅減少
03年以来の低水準


産業通商資源部と韓国貿易協会によると、1~10月の対日貿易赤字は163億6600万ドルで、前年同期の206億1400万ドルから赤字幅が20・6%減少、2003年の155億6600万ドル以来の低水準となった。
11~12月も同様の傾向が続けば、通年の対日貿易赤字は03年の190億3700万ドル以来となる、200億ドルを下回る。
対日貿易赤字が改善されたのは半導体素材の輸入が減少したため。サムスン電子やSKハイニックスが世界的な半導体メモリー市場の不振を受け、設備投資を調整。日本製への依存度が高い半導体部品・装備の輸入を大幅に減らしたことが主な要因とみられている。
一方、政治的な側面もある。日本製品の不買運動で、自動車、衣類、酒類、電子製品など主要消費財の輸入も大幅に減少した。7月以降、日本ブランドの自動車販売は前年同期の半分にも満たない。
来年以降については、半導体の業況が回復した場合、再び半導体素材の輸入が増え、対日貿易赤字は増加に転じる可能性があると見られている。
対日貿易赤字は10年の361億2000万ドルが最大で、今年はこの半分にとどまる見通しだ。

2019-11-27 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません