ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年11月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
民団、「北送」は「帰国事業」か

 民団の歴史認識不足を知らしめるイベントが、東京の民団中央本部で現在進行中だ。本部建物1階の「在日韓人歴史資料館」で行われている「貧困と差別が生んだ『帰国事業』」企画展(11月2日~20年1月25日、写真)だ。この資料館は2005年、民団を中心として設立された。
民団に聞く。9万3300人の在日同胞たちを生き地獄である北韓へと送った「北送」工作を、どうして「帰国事業」と言い放つことができるのだろうか。「帰国」という呼称は、北韓政権と朝総連が作り出したプロパガンダだ。また、「帰国」という呼称は日本政府にとっても都合の良い隠れ蓑なのだ。
「北送」は、岸信介(1957年2月~59年6月)政権当時に日本が北韓と野合した工作だった。日本と北は赤十字社の合意を経て、民間団体という仮面をかぶり、人道主義という大義名分の下、 在日韓国人を日本から事実上追放した。この公然の秘密を隠すため、日本は今も「北送」を「帰還(または帰国)事業」と称しているのだ。
12月14日で「北送60周年」を迎える。「北送」は「帰国事業」なのか。民団は自らの歴史認識の欠如を恥じるべきだ。なぜこうしたことが起きたのか。その原因は何だろうか。(ソウル=李民晧)

2019-11-27 3面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません