ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年11月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ヨンジョンの 毎日眞味<35>懐かしい母の味「スジェビ」
スープのアレンジも楽しめる

 スジェビは、韓国人なら誰もが懐かしく感じるメニュー。飽きるほど食べたという人も少なくないでしょう。戦後、食糧不足の時に西洋から小麦粉が入ってきたことで作られ始めた料理だそうです。
戦争とは遠い世代の私ですが、スジェビには良い思い出が多く、無性に恋しくなる一品です。濃いめにとった煮干しのだし汁に、ズッキーニとじゃがいもをたっぷり入れます。母がスピーディーにスジェビをちぎり、鍋に投げ込む姿が目に浮かびます。

■材料(2人前)
・小麦粉…200グラム 
・水…120ミリリットル 
・サラダ油…少々 
・塩…少々  
・玉ねぎ…40グラム 
・ズッキーニ…50グラム 
・椎茸…2個
・じゃがいも…50グラム 
・きざみのり…少々

■味付け
・煮干しと昆布のだし汁…900ミリリットル
・塩…小さじ2/3(お好みで調節)

■作り方
(1)ボウルに小麦粉と水(120ミリリットル)、塩とサラダ油を入れてよくこねます。
(2)3分こねて、ラップをかけて30分寝かせます。
(3)じゃがいもとズッキーニは一口サイズにカットし、椎茸はスライスします。
(4)鍋にだし汁と野菜を入れて煮立てながら、(2)の生地を薄く伸ばして手でちぎって入れます。
(5)時々混ぜながら煮立てます。
(6)野菜やスジェビに火が通ったら塩で味を調えます。
(7)器に移し、海苔やネギ、胡椒などをお好みでふりかけます。

■ワンポイントアドバイス
・青唐辛子や熟成キムチを入れて、辛いスープにしても美味しいです。
・溶き卵を回しかけても良いです。
・だし汁がない場合は、ダシダ小さじ1・5を入れます。

■プロフィル
キム・ヨンジョン(金姸貞)
韓国料理研究家。韓国・京機道富川出身。2児の母。体に優しく、素材の味を生かした本場のレシピが好評。韓国料理のレシピ本「うん!作ろう」シリーズ著者。メディア出演多数。韓国料理教室「韓サモ」主宰など、多方面で活躍中。ブログ「韓国料理店に負けないヨンジョンの韓国家庭料理レシピ・眞味」は、1日平均5000アクセス以上の人気を誇る。

2019-11-20 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません