ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年11月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
<法務省統計>在日韓国人45万1543人
前年比0.4%増

 先月25日、2019年6月末時点における在留外国人数が、例年よりもやや遅れて法務省から発表された。公表資料によると、同時点における在日韓国人は45万1543人とされている。
在日韓国人は対前年末比で+0・4%とわずかに増加しているが、全体的にみれば減少の一途をたどっていることがわかる。主な減少の理由としては特別永住者の高齢化による死去や、帰化申請が考えられる。法務省の公表資料によれば、16年末~18年末の3年間でも年間平均で5000人前後が帰化しているため、恒常的に在日韓国人数が減少している大きな要因と言えるだろう。
9月25日に発表された、韓国外交部が2年ごとに調査している「在外同胞現況」からは、2年前と比較して日本国籍を選択する在日子弟が増加していることも読み取れる。在外同胞現況における在外同胞数は、大韓民国国民として外国に長期滞在する者のほか、外国の永住権を取得した者や、国籍に関係なく韓民族の血統を持ち、外国で居住する者なども含む数字となっている。
19年版の同統計による日本の在外同胞数は82万4977人となり、前回比(16年末81万8626人)で0・78%増加した。しかし、法務省の公表する「在留外国人数」によれば、韓国籍の在留外国人数は18年末時点で44万9634人となっており、前回比(同年末45万3096人)で0・76%減少。「在外同胞現況」と「在留外国人数」から算出した、韓民族の血統を持ちながら日本国籍を持つ者は16年末からの2年で2・68%増加し、先に述べた帰化申請による減少を裏付けている。在日韓国人としてのアイデンティティをどのように維持し継承していくか、悩ましいところだ。
一方で、就業や留学目的での在留はむしろ増加傾向にある。現在、韓国での若者の体感失業率は今年3月の時点で25・1%に達するほど深刻だ。関係者の話によればIT業界では、日本の企業が韓国からの人材を積極的に求めているという。就職の難しい韓国と、人材の確保に難航している日本の需要と供給が合致した形だ。

2019-11-20 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
米国が中共に宣戦布告
日本初 東京で「黒い傘運動」
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません