ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年11月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【読書会】「外は夏」について語る
新しい発見が生まれる体験

書評家の永江朗さんの進行で
 一般に読書会というのは、モデレーターなどと呼ばれる進行・統括役のもと、1冊の本の感想や自身の考えを語り合う会をいう。しかし具体的なやり方は主催者やモデレーターに任されており、レジュメが手渡されたり、完読していなくても参加出来たりと様々だ。
先月23日に文化院で行われた読書会は、課題図書『外は夏』(著者:キム・エラン、出版社:亜紀書房、短編集)、書評家の永江朗さんの進行で、10人ほどの参加者が自己紹介を兼ねて感想を述べた後、永江さんが解説を加えながら個別に質問していく形だった。当然ながら、多様な感想が出る。2時間があっという間に流れ、本の理解が深まる心地よい空間となった。

2019-11-13 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
米国が中共に宣戦布告
日本初 東京で「黒い傘運動」
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません