ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年11月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「中国のあいまいな挑発戦略」―元外交部次官・金聖翰―

元外交部次官で、現在は高麗大学国際大学院で教授を務める金聖翰氏は6日、「韓国が2006年7月に高高度防衛ミサイル(THAAD)導入を決定して以来、現在まで中国の不当な報復措置が続いている」と述べた。同氏は中国が、「商業行為なのかどうか曖昧でありながらも、『適切に』軍事的挑発行為を加味して動いていることが問題だ」と指摘する。また、「もし韓日米安保協力態勢が堅固であれば、中国は韓国に対してこのような戦略をとることはなかっただろう」として、安保同盟の重要性を示唆した。

「輸出構造の多角化が重要」―延世大経済学部名誉教授・金正湜―

元韓国経済会長、現在は延世大経済学部の名誉教授である金正湜氏は8日、「安保の不確実性が経済に及ぼす影響を最小化し、産業・輸出競争力を高める必要がある」と述べた。同氏は、「政府は『韓国経済は問題ない』と繰り返しているが、構造を見る限り今後、日本のように長期停滞に陥る可能性が高い。出生率が低く技術開発が活発ではなく、中国の攻撃で産業・輸出競争力が急速に弱まっている」とし、「中国に依存した輸出構造の多角化、企業にインセンティブを与えるなどの対策が重要だ」と提案した。

2019-11-13 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません