ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年11月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「文在寅OUT」スローガンに
韓国基督教総連合会会長・全光焄牧師が会見

 韓国で「文在寅OUT」のスローガンを掲げて光化門集会をリードする軸の一つがキリスト教団体だ。中でも最も活発に展開しているのが「韓国基督教総連合」だ。この団体で代表会長を務める全光焄牧師は6日、ソウルに駐在する外国メディアを前に記者会見を行った。全牧師と外国メディア記者たちの質疑応答は次の通り。

6日に行われた全牧師の記者会見のもよう

――文在寅大統領は民主主義に則って当選を果たした。内乱、反乱などの表現は行き過ぎているようにも思える。そのように主張する根拠はあるのか。
「文在寅は、大韓民国憲法と国家秩序に基づいて大統領に就任したにも関わらず、自身はロウソク革命で当選したとの主張で一貫している。(集会に参加する)我々は、ロウソク革命で当選したという文在寅の言動を認めることはできない。その論理でいけば、太極旗集会に参加した人数がより多ければ下野しなければならないはずだ。決して黙認してはならない点がある。1948年8月15日の韓国建国を認められないということと、北韓の核兵器を放置して北韓を支援しつつ、金正恩をおだて核兵器を廃棄しようという意図を示している。平壌を訪問した際は、韓国大統領ではなく南側政府の代表として来たと語った。そして国軍を武装解除し、米国や日本との同盟関係を破綻させようとしている」

――政治に参加する意思はないのか。
「存亡の危機にある韓国を立て直すための集会だ。今日の韓国を混乱に陥れた主思派、従北勢力から切り離すためだ。しかし、我々は決して直接的に政治に参加することはない。韓国の教会が独立運動を行った際、教会と政治は互いに干渉しないと日本人から教わった。日本人はキリスト教信者を礼拝堂内に封じ込めたいという意図があった。初代大統領の李承晩以後、この法が破られて教会も政治に参加できるようになった。長老教創始者であるカルビンも市長を務めた。米国の共和党・民主党もまた教会から始まった。しかし、我々が政治に参加することはない」

――韓国の左派系のデモが北韓から影響を受けているという証拠は。
「韓国の左派デモは北韓がリードしているのは明らかだ。女子中学生が米国の戦車によって死亡した事故の際、(北韓の対南宣伝メディアである)『ウリ民族同士』が”光化門に集まれ”と報じ、3万人が光化門に集まった。(李明博政権当時の)狂牛病騒動の時も『ウリ民族同士』が報じるなりデモが始まった。仁川のマッカーサー将軍の銅像撤去事件も、北韓が言及した翌日に5000人が集まった。セウォル号、朴槿惠弾劾集会までデモは北韓の統一戦線部が企画した」

――自らのデモで募金活動を行っていたが問題は?
「デモ参加者たちの属性は様々だ。韓国のデモは主に二つに分類される。韓国と憲法を認める勢力と、それを認めない主思派勢力だ。資金について、保守右派は公式的な会費はないが、反対側の民主労総は自分たちが得た月給から源泉徴収の形で資金を集めている。1人あたり5万ウォンを徴収した場合、1カ月に500億ウォンが集まるため、集会の開催にも余裕がある。保守右派は教会文化の流れで献金という形で受け取っている。2日、1億ウォンの献金が集まった。しかし、デモを1回開催するのに最低10億ウォンの経費を要する。不足分は教会や関連団体の献金によって賄っている」

2019-11-13 3面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日本の「慰安婦」活動団体の実態
分断終息へ向かう韓半島
歴史捏造・洗脳工作を行う朝総連
国民主権を強奪する文在寅集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません