ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-12-04 16:14:24
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年11月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アシアナ買収に3企業が入札
HDC現代産業が有力

 経営不振から売却を決定したアシアナ航空の本入札が7日、締め切られた。
今年に入り、韓国航空業界は、格安航空会社(LCC)の業績悪化に加え、航空業界の長期不況が予測され、アシアナ航空売却にも悪い影響を与えるのではとの懸念もあった。しかし、入札は問題なく行われた。
今回の入札はアシアナ航空を含めてエアソウル、エアプサン、アシアナIDTなど六つの子会社もともに売却するもので、本入札には(1)HDC現代産業開発・未来アセット大宇コンソーシアム(2)愛敬グループ・ストーンブリッジコンソーシアム(3)KCGI・バンカーストリートコンソーシアムの三つの企業グループが参加し、入札提案書が出された。
当初、売却の主体のクムホ産業と売却幹事会社のクレディ・スイスは本入札書類を受けた後、1~2週間の審査を経て11月中に優先売却交渉対象者を選定する計画だった。しかし、入札の結果を受けて、売却日程は計画より早くなるのではという見方がでている。
これは、入札金額に大きな差があったからだ。
HDCコンソーシアムはアシアナ航空買収金額として約2兆5000億ウォンを提示、愛敬グループは2兆ウォンに達しなかった。KCGIコンソーシアムは戦略的投資家を探せず、審査の対象から除外されたことから、HDCコンソーシアムにほぼ決定したと見られている。政府関係者はこの日、「価格の差があまりにも大きかった。買収金額が近い場合は、他の条件を検討することになったが、その必要がなくなった」と話した。
HDCは、新羅免税店、パークハイアットソウルをはじめとするホテル事業を行い、現代産業開発はアイパークをはじめとした建設事業を行っている。
今回の買収が成立すれば、大韓航空とならぶ国内2大大手航空会社(FSC)のアシアナ航空のほか、格安航空会社(LCC)のエアソウルとエアプサンの3社を手に入れることになり、航空業界の勢力図が一気に変わることになる。

2019-11-13 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
18年にフッ化水素輸入が急増
国民への対決を宣言した文政権
民団、「北送」は「帰国事業」か
崩壊する文在寅政権、悪の素顔
脱北船員を秘密裏に北送
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません