ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年11月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アシアナ買収に3企業が入札
HDC現代産業が有力

 経営不振から売却を決定したアシアナ航空の本入札が7日、締め切られた。
今年に入り、韓国航空業界は、格安航空会社(LCC)の業績悪化に加え、航空業界の長期不況が予測され、アシアナ航空売却にも悪い影響を与えるのではとの懸念もあった。しかし、入札は問題なく行われた。
今回の入札はアシアナ航空を含めてエアソウル、エアプサン、アシアナIDTなど六つの子会社もともに売却するもので、本入札には(1)HDC現代産業開発・未来アセット大宇コンソーシアム(2)愛敬グループ・ストーンブリッジコンソーシアム(3)KCGI・バンカーストリートコンソーシアムの三つの企業グループが参加し、入札提案書が出された。
当初、売却の主体のクムホ産業と売却幹事会社のクレディ・スイスは本入札書類を受けた後、1~2週間の審査を経て11月中に優先売却交渉対象者を選定する計画だった。しかし、入札の結果を受けて、売却日程は計画より早くなるのではという見方がでている。
これは、入札金額に大きな差があったからだ。
HDCコンソーシアムはアシアナ航空買収金額として約2兆5000億ウォンを提示、愛敬グループは2兆ウォンに達しなかった。KCGIコンソーシアムは戦略的投資家を探せず、審査の対象から除外されたことから、HDCコンソーシアムにほぼ決定したと見られている。政府関係者はこの日、「価格の差があまりにも大きかった。買収金額が近い場合は、他の条件を検討することになったが、その必要がなくなった」と話した。
HDCは、新羅免税店、パークハイアットソウルをはじめとするホテル事業を行い、現代産業開発はアイパークをはじめとした建設事業を行っている。
今回の買収が成立すれば、大韓航空とならぶ国内2大大手航空会社(FSC)のアシアナ航空のほか、格安航空会社(LCC)のエアソウルとエアプサンの3社を手に入れることになり、航空業界の勢力図が一気に変わることになる。

2019-11-13 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません