ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年11月07日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
千葉で日韓友好のマダン 1500人が来場

日本の伝統的な阿波踊りを披露
 千葉市中央公園で3日、民団千葉県本部主催の「日韓友好のマダン(広場)in 千葉」が開催された。同会場には民団員や地域の日本人など述べ1500人が訪れ、舞台公演や韓国料理などを楽しんだ。
初めに今年3月に新たに就任した高炳佑民団千葉県本部団長があいさつし、続いて民団中央本部の呂健二団長が激励の辞を述べた後、来賓として訪れた衆参国会議員や千葉県議会日韓友好議員連盟、千葉市議会日韓親善議員連盟、千葉県日韓親善協会の代表がそれぞれ祝辞を述べた。
続いて、土曜学校の児童による合唱を皮切りに、民団千葉県本部の舞踊教室のメンバーによる韓国舞踊や、ソヘグムやチャンセナプ演奏、韓国歌曲、韓国民謡の披露のほか、日本の伝統芸能として阿波踊りや沖縄エイサーの歌と踊り、またハワイアンダンスやサンバなど、多彩な演目が披露された。
昨年8月に韓国でデビューしたK―POPグループN―tecが出場しファンが押し寄せたほか、日本人でありながら単身渡韓し、トロット歌手としてデビューを果たした女性歌手も出演し、韓日友好の懸け橋として舞台に立った。
当日は曇り空のなか開始されたが、例年より客足は早く、式典開始時には客席もほぼ埋まるほどであった。午後はあいにく小雨がぱらつく中での舞台公演となったものの、例年以上に多彩な内容に、帰路に就く来場者たちの顔には笑みが浮かんでいた。

2019-11-07 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
米国が中共に宣戦布告
日本初 東京で「黒い傘運動」
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません