ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年11月07日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 やはり、といっていいだろう。韓日首脳による対話が4日、ASEANプラス3首脳会議が開かれるタイで行われたが、結果は平行線のまま終わったようだ▼韓国側は、日本が半導体関連素材の輸出管理強化を撤回しなければ、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長はしないという方針で、日本側は徴用工判決について、何らかの措置が取られなければならないとの立場を崩していない。これは今まで繰り返されてきた主張のとおりである▼喫緊の課題は、22日をもって終了するGSOMIAについてである。韓国側は輸出措置の撤回なくして延長はしないとの立場を示している。これについては米国も延長を要求しており、韓日関係だけでなく、韓米関係にも影を落としている▼50年以上前に韓日両国が国交を正常化させた際、時の両国首脳は過去のいくつかの問題に対し、いわば目をつぶる形で未来の発展を優先した。国交正常化を機に、特に韓国は産業化という大成長を遂げた。日本側も、国交正常化した韓国の存在によって、経済面と安全保障面で大きな恩恵を受けた▼文在寅主思派政権は、徴用工問題を蒸し返すことで、両国間のこれまでの関係を破壊し、過去最悪レベルに悪化させた。先人の努力を無に帰す愚行と言わざるを得ない▼すでに期限まで2週間ほどしか残されていない。GSOMIAは日付が23日に変わった瞬間に破棄されることになる。1日に開かれた日韓・韓日議連の合同総会でも韓国側は従来の主張を繰り返した。

2019-11-07 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません