ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年10月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「原州GTI博覧会」過去最大の成果
韓昌祐・組織委員長「江原道は第二の故郷」

来場23万人、輸出契約額3850億ウォン

GTI博覧会ブースのオープニングセレモニー

 今回開かれた「原州GTI博覧会2019」には、日本からおよそ50人のビジネスリーダーらが参加した。韓昌祐マルハン会長率いる在日韓商のCEOや日本側バイヤー、鳥取県の企業などだ。
大会組織委員長でもある韓昌祐会長は「年々訪問者も増え、発展を続けていることに感謝し、光栄に感じる。近頃は10月になると『江原道に行かなくては』という意識が生じている」と笑った。

 江原道を「第二の故郷」と語る韓会長は毎年、GTI博覧会の開催都市で世界韓人商工人総連合会(世総)の指導者大会を開いている。 
世総は7年前、江原道と韓会長の縁を繋ぐ懸け橋となった。 
博覧会を主催した江原道の崔文洵知事は、前夜祭イベントで韓会長に陶磁器の壺を贈り「(故郷の)三千浦は初恋の人、(現居住地の)京都は2人目の恋人、最後の恋人は江原道」とのコメントを添えた。


江原道はまた、今月17日から20日までの4日間、原州で開かれた「第7回GTI国際貿易投資博覧会」が歴代最高の成果を挙げたことを明らかにした。訪問者数は23万人に達し、前年に比べ10万人ほど増加した。輸出契約推進額も3850億ウォン(約3億3000万ドル)、国内契約推進額280億ウォンなど、過去最大の実績を挙げ、盛況裏に閉幕した。(原州=李民晧)

関連記事=http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86619&thread=01r04

【写真】
中段左=韓昌祐組織委員長(右)に陶磁器の壺を贈る崔文洵知事
中段右=GTI博覧会ブースを訪れる外国人バイヤーたち
下段=GTI博覧会の文化公演

2019-10-24 3面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません