ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-11-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年10月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
辛ロッテ会長の判決確定
司法リスク解消で経営に専念

 韓国最高裁は17日、朴槿惠前大統領らへの贈賄罪などに問われた韓国ロッテグループの辛東彬会長の上告審で、懲役2年6カ月、執行猶予4年の2審判決を支持した。執行猶予が確定したことで収監がなくなり、今後は経営活動に専念できることになった。
辛会長は、韓日のロッテグループをひとつに束ね、事業の拡大を図ってきた。昨年2月の1審判決で実刑を言い渡され、収監された後、2審で執行猶予付き判決が下され釈放されるまで、ロッテは大規模投資や海外事業、M&A(合併・買収)案件が停滞した。
3年余りに及んだ司法リスクが取り払われたことで、辛会長が取り組んできた「新たなロッテ」へのグループ再構築も順調に進みそうだ。

2019-10-24 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
国民への対決を宣言した文政権
風向きが変わった革命的な国民抵抗
文在寅政権の「公捜處法」と韓日GSOMIA
脱北船員を秘密裏に北送
18年にフッ化水素輸入が急増
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません