ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年10月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
辛ロッテ会長の判決確定
司法リスク解消で経営に専念

 韓国最高裁は17日、朴槿惠前大統領らへの贈賄罪などに問われた韓国ロッテグループの辛東彬会長の上告審で、懲役2年6カ月、執行猶予4年の2審判決を支持した。執行猶予が確定したことで収監がなくなり、今後は経営活動に専念できることになった。
辛会長は、韓日のロッテグループをひとつに束ね、事業の拡大を図ってきた。昨年2月の1審判決で実刑を言い渡され、収監された後、2審で執行猶予付き判決が下され釈放されるまで、ロッテは大規模投資や海外事業、M&A(合併・買収)案件が停滞した。
3年余りに及んだ司法リスクが取り払われたことで、辛会長が取り組んできた「新たなロッテ」へのグループ再構築も順調に進みそうだ。

2019-10-24 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません