ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年10月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

すでに多くの韓国人が気づいていることだが、文在寅政権の従北度合いは、韓国史上もっとも深刻な水準だ。本紙でもすでに報じたが、文大統領は與敵罪、利敵罪、内乱扇動で告発されている▼しかし当の本人は、こうした非難を受けつつも、それに気づかぬふりをして、ひたすら北韓に秋波を送り続けている。それが文大統領のみならず、韓国という国家の尊厳を傷つけているにもかかわらずだ▼つい1週間ほど前には、サッカーワールドカップのアジア2次予選で、南北が平壌で試合をした。この試合、当日の中継はなく、後日映像が配信されたのだが、北韓選手のラフプレーは、暴行と紙一重のものだった▼それでもなお、文大統領は、このような北韓と五輪を共催するという夢を語っている。一人の老人の夢想なら大いに結構だが、仮にも一国の大統領である。文大統領は、この荒唐無稽なアイデアを、駐韓外交団やIOCの会長に語っているのだ▼文大統領は、2032年の夏季五輪を南北で共催し、45年に南北統一という青写真を描いている。しかし、莫大なインフラ投資や、北韓の政治リスクを負ってまでやるべきことでないのは自明だ▼どうしても南北で五輪をやりたいのなら、ぜひ統一後にしてもらいたい。韓国がその気になれば、そして国民が決意を固めるなら、45年まで待たずとも統一はできるだろう▼実現性のない夢を語る前に、悪夢の中で生きる同胞を救う方が先だ。そうしてこそ、世界に祝福される平和の祭典となるだろう。

2019-10-24 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません