ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年10月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

すでに多くの韓国人が気づいていることだが、文在寅政権の従北度合いは、韓国史上もっとも深刻な水準だ。本紙でもすでに報じたが、文大統領は與敵罪、利敵罪、内乱扇動で告発されている▼しかし当の本人は、こうした非難を受けつつも、それに気づかぬふりをして、ひたすら北韓に秋波を送り続けている。それが文大統領のみならず、韓国という国家の尊厳を傷つけているにもかかわらずだ▼つい1週間ほど前には、サッカーワールドカップのアジア2次予選で、南北が平壌で試合をした。この試合、当日の中継はなく、後日映像が配信されたのだが、北韓選手のラフプレーは、暴行と紙一重のものだった▼それでもなお、文大統領は、このような北韓と五輪を共催するという夢を語っている。一人の老人の夢想なら大いに結構だが、仮にも一国の大統領である。文大統領は、この荒唐無稽なアイデアを、駐韓外交団やIOCの会長に語っているのだ▼文大統領は、2032年の夏季五輪を南北で共催し、45年に南北統一という青写真を描いている。しかし、莫大なインフラ投資や、北韓の政治リスクを負ってまでやるべきことでないのは自明だ▼どうしても南北で五輪をやりたいのなら、ぜひ統一後にしてもらいたい。韓国がその気になれば、そして国民が決意を固めるなら、45年まで待たずとも統一はできるだろう▼実現性のない夢を語る前に、悪夢の中で生きる同胞を救う方が先だ。そうしてこそ、世界に祝福される平和の祭典となるだろう。

2019-10-24 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日本の「慰安婦」活動団体の実態
分断終息へ向かう韓半島
歴史捏造・洗脳工作を行う朝総連
国民主権を強奪する文在寅集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません