ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-11-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年10月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
外国人の公職就業 人権擁護委が学習会

 民団中央本部人権擁護委員会は9日、第5回学習会を行った。学習会には19人が参加し、民団中央本部生活局長の孫成吉氏が進行役を務めた。今回は「外国人が公務員になる本」を共編した、岡義昭氏と水野精之氏が講師として招かれた。
外国人が公職に就けない場合、国籍条項(日本国籍を有することを受験資格とする規定)が付されていることが理由として挙げられる。地方公務員の採用試験に国籍条項を付するかどうかは各地方自治体の裁量によるため、これまでにも多くの地方公共団体が国籍条項を撤廃してきた。しかし、全体的に見れば状況が改善しているとは言い難く、未だに外国籍保有者の公職就業は困難が伴う状態だという。
学習会の後半に設けられた質疑応答では、外国人の就労へ門戸を開放した、いわゆる「川崎方式」や、教職員についての論議が主となった。
今日、多くの地方公共団体は、「原則として排除、例外的に許容」から「原則として開放、例外的に制約」とする姿勢に転換してきているという。講師の両氏は、「この動きを推し進め、広範な社会的合意を得ることができれば、ごく一部の職種を除いて定住外国人の地方公務員採用そのものを制限する意見もなくなるはずだ」としている。

2019-10-17 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
国民への対決を宣言した文政権
風向きが変わった革命的な国民抵抗
文在寅政権の「公捜處法」と韓日GSOMIA
脱北船員を秘密裏に北送
18年にフッ化水素輸入が急増
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません