ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年10月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 観測史上最大とも言われる台風19号が、東日本を蹂躙した。通過から日が経つにつれ、被害の規模も明らかになっている。死者は60人以上に上りそうだ。複数の河川、それも大きな河川が氾濫した。復旧には相当の時間を要すに違いない▼それでも、と小欄は思う。予想された最悪のケースよりは被害が少なかったのではないかと。特に東京は、風雨による被害が少なかった。半面、長野や北関東、南東北の各地で被害が大きかった。台風のコースや風向き等のわずかな違いが、この差を生んだのだろうか▼慣れというのは怖いものだが、経験とみれば心強い。そう思わせる場面が、台風通過の前後であった▼例えば食料や備品の買い出しだ。今回は事前に甚大な被害が予想されたこともあろうが、食料だけでなく養生テープや乾電池なども店頭から消えた。ガソリンスタンドにも長蛇の列ができた▼避難情報も頻繁に携帯電話に発信された。そのたびに不安になったが、外出もままならない状況で、危険度を確認するのに役立った▼毎年のように「過去最大級」の豪雨や台風に見舞われることが当たり前になってしまった中、災害を経験することで防災意識は高まっていく。今回の災害でまた学んだことも多かったはずだ▼今回の台風被害を考えたとき、李明博政権時に行われた四大河川事業が思い浮かぶ。河川を整備することで、自然災害の被害を未然に防ぐことにつながった。文在寅政権は愚かにも四大河川の政策監査を指示、堰を撤去しようとしている。

2019-10-17 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日本の「慰安婦」活動団体の実態
分断終息へ向かう韓半島
歴史捏造・洗脳工作を行う朝総連
国民主権を強奪する文在寅集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません