ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年10月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 観測史上最大とも言われる台風19号が、東日本を蹂躙した。通過から日が経つにつれ、被害の規模も明らかになっている。死者は60人以上に上りそうだ。複数の河川、それも大きな河川が氾濫した。復旧には相当の時間を要すに違いない▼それでも、と小欄は思う。予想された最悪のケースよりは被害が少なかったのではないかと。特に東京は、風雨による被害が少なかった。半面、長野や北関東、南東北の各地で被害が大きかった。台風のコースや風向き等のわずかな違いが、この差を生んだのだろうか▼慣れというのは怖いものだが、経験とみれば心強い。そう思わせる場面が、台風通過の前後であった▼例えば食料や備品の買い出しだ。今回は事前に甚大な被害が予想されたこともあろうが、食料だけでなく養生テープや乾電池なども店頭から消えた。ガソリンスタンドにも長蛇の列ができた▼避難情報も頻繁に携帯電話に発信された。そのたびに不安になったが、外出もままならない状況で、危険度を確認するのに役立った▼毎年のように「過去最大級」の豪雨や台風に見舞われることが当たり前になってしまった中、災害を経験することで防災意識は高まっていく。今回の災害でまた学んだことも多かったはずだ▼今回の台風被害を考えたとき、李明博政権時に行われた四大河川事業が思い浮かぶ。河川を整備することで、自然災害の被害を未然に防ぐことにつながった。文在寅政権は愚かにも四大河川の政策監査を指示、堰を撤去しようとしている。

2019-10-17 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません