ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-17 04:37:15
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年10月09日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 上山 万尋さん(日韓学生未来会議(JKSFF)第14期会長
直接会うことの大切さを学んだ

 入り口は、K―POPだった。高校3年生のとき、同じK―POPファンの友人から「日韓高校生交流キャンプ」(主催:一般社団法人日韓経済協会)に誘われたのだ。
開催地は宮城県の南三陸町、日本から40人、韓国から40人の高校生が集まった。キャンプでは「日韓の学生が一緒に考える復興のためのビジネスプラン」というテーマでグループごとに話し合いをし、発表も行った。韓国語はまったくわからなかったが、通訳の補助があり問題はなかった。そこに日韓学生未来会議(JKSFF)のメンバーも参加していた。
JKSFFとは、高校生キャンプに参加したメンバーが、大学生になっても交流を続けようと結成された団体だ。結成から14年、学生が主体となって活動を続けてきた。上山さんも先輩の誘いに応じJKSFFに足を踏み入れた。気が付くと会長になっていたと笑う。
高校生のキャンプで強く感じたのは、「韓国の人って私たちと何も変わらないんだ」ということ。「〇〇人」というくくりでは見えてこない、個人と個人の関係が重要なのだと気づく。
「自分の価値観の構築に、キャンプから始まった交流の経験が影響していると思います。参加していなかったらネットや報道を見て韓国を避けていたかもしれない。韓国に限らず、外の世界と出会う機会や巡り合わせは、これからも減らさないようにしたいと思います」

2019-10-09 6面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
韓国メディアはなぜ信頼を失ったか?
巨悪の標本の法務長官を強制捜査
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません