ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年10月09日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国ドラマの主題歌を楽しむ

カリスマ性を余すところなく発揮するヒョリンさんのステージ
 韓国ドラマの映像とアーティストのパフォーマンスをシンクロさせたコンサートが1日、都内で開催された。駐日韓国文化院、韓国コンテンツ振興院(KOCCA)、韓国観光公社が主催しているもので、毎年会場を埋め尽くす人気イベントとなっている。

 幅広い年代のファンが集う

韓国ドラマにおいて、主題歌や挿入歌の果たす役割は大きい。これらOST(オリジナル・サウンド・トラックの略で、日本ではサントラと言っていた)は、ドラマ開始とともにアルバムとして発売もされている。
大型スクリーンに映し出されるドラマの一場面を見ながら、ステージでは歌手がOSTを歌うという、韓国ドラマファンなら見逃せないイベントだが、5回目となる今年は募集人数1500人を大幅に上回る応募があった。
最初のステージにはジュ・デゴンさんが登場、ドラマ『バッドパパ』から『ゴールデン・ゴート』などを披露した。イ・イェジュンさんは『私のIDはカンナム美人』から『ホリデー』などを熱唱。デビュー2年目の公園少女は、韓国、台湾、日本人で構成されている7人の多国籍グループだ。日本未公開ドラマ『とにかくアツく掃除しろ!(原題)』から『Oh 
会場から多くの声援が飛び交った公園少女のパフォーマンス
Lady Go Lady』など若さあふれるパフォーマンスを行った。
続いて『シークレット・ガーデン』の『男らしくない言葉』などを歌ったティムさんは、MCの古家正亨さんと阿吽の呼吸を見せて会場を大いに沸かせた。最後を飾ったのは、『星から来たあなた』から『アンニョン(サヨナラ)』、『30だけど17です』から『Just Stay』などを披露したヒョリンさん。豊かな声量やキレのあるダンスで客席を魅了した。

 

 

【インタビュー室から】

日本へは旅行も含めて4回目だというイ・イェジュンさんのデビューは2013年、オーディション番組『Mnet Voice Korea2』で優勝したことがきっかけだ。最も印象に残っているOSTは、ガイドボーカルを務めた『あなたという詩』(ドラマ『ホテルデルーナ』)。
K―POPアイドルに歌唱指導なども行っているジュ・デゴンさんは、日本へは何度も来ているという。日本食が大好きで、来るたびに太ってしまうほどだと会場を笑わせた。
10年ぶりの来日となったティムさんだが、これまでOSTで参加したドラマは『シークレットガーデン』『最高の離婚』など多数に及ぶ。ドラマのストーリーに感情が入ってきて、それが曲に反映され、さらに曲自体が花開くような、そんな相乗効果が生まれるところがOSTの魅力だと語った。

写真左=イ・イェジュンさん(左)とジュ・デゴンさん/写真右=表情豊かに話すティムさん

2019-10-09 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
월드옥타 도쿄지회 제14·15대 ...
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません