ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-17 04:37:15
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年10月09日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「樺太帰還在日韓国人」の歴史 韓日両国の明るい未来のために
在日韓人歴史資料館 土曜セミナー

 解放後、樺太に取り残された同胞の帰還事業に、長年にわたり取り組んできた「樺太帰還在日韓国人会」。会長の李義八さんと長澤秀さんが出会ったのは、今から12年ほど前になる。李さんの経験が歴史において貴重なものであると判断した長澤さんは、10年以上にわたり聞き書きを続け、1冊の本にまとめた。その内容に関するセミナーが5日、在日韓人歴史資料館で行われ、30人ほどの聴講者が来場した。
カメラが趣味だったという李さんは、日付や覚書が記載された写真を数多く所有していた。セミナーでは46枚に及ぶ写真が時代順に披露され、「樺太での同胞の生活ぶりを初めて知った」という人も多かった。
なかには北送事業反対で日比谷公園に集まったときの写真もあり、李さんは「共産圏に暮らした経験のある自分だから、北韓へなど行くべきではないと、絶対反対だった」と語っていたという。
長澤さんは「過去は現在を形作り、未来へと繋がっている。今最悪と言われる韓日関係の未来を明るいものにするために、歴史を学ぶことが大切だと思う。特に若い人には知ってもらいたい」と締めくくった。

2019-10-09 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
韓国メディアはなぜ信頼を失ったか?
巨悪の標本の法務長官を強制捜査
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません