ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年10月02日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ヨンジョンの 毎日眞味<32> 「干しタラのスープ(プゴクッ)」

 プゴクッといえば、韓国では二日酔いの時に頂く定番スープです。
また、風邪をひきそうな時や疲れが溜まった時は、干しタラのスープにご飯を入れ、クッパにして食べると元気が出ます。肌寒くなると体が干しタラのスープを欲します。
韓国の朝食専門店では、干したらスープの定食だけを扱う店も少なくありません。干しタラの香りで、家族のお目覚めは、ばっちりです。

■材料
・干しタラ…40グラム 
・大根…100グラム
・しいたけ…2個
・玉ねぎ…40グラム
・人参…20グラム
・長ネギ…20グラム
・じゃがいも…小1個(70グラム)
・卵…1個

■味付け
・煮干しのだし汁…1300ミリリットル(だし汁がない場合はは「ダシダ」を小さじ2)
・えびの塩辛…小さじ1(えびの塩辛がない場合は塩で味付け) 
・塩…小さじ1/2 
・おろしにんにく…小さじ1/2

■作り方
(1)しいたけと玉ねぎをスライスし、人参は千切りにする。
(2)じゃがいもは食べやすい大きさにカット。大根は短冊切り。
(3)干しタラを食べやすくカットし、鍋に入れて1分ほど素焼きする。
(4)干しタラの色が少し変わり、香ばしい香りがしたらだし汁を入れる。
(5)野菜とおろしにんにくを入れ、中火で煮る。
(6)アミの塩辛と塩で味付けする。
(7)じゃがいもと大根が柔らかくなったら、溶いた卵を流し込む。好みでコショウや唐辛子粉をかける。

■ワンポイントアドバイス
・風邪の時は、豆もやしと長ネギを入れると良い。
・韓国味噌を溶かしたテンジャン味でも美味しい。
・熟成キムチを入れて作るのもおすすめ。

■プロフィル
キム・ヨンジョン(金姸貞)
韓国料理研究家。韓国・京機道富川出身。2児の母。体に優しく、素材の味を生かした本場のレシピが好評。韓国料理のレシピ本「うん!作ろう」シリーズ著者。メディア出演多数。韓国料理教室「韓サモ」主宰など、多方面で活躍中。ブログ「韓国料理店に負けないヨンジョンの韓国家庭料理レシピ・眞味」は、1日平均5000アクセス以上の人気を誇る。

2019-10-02 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません