ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-17 04:37:15
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年10月02日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 またまたラグビーの話から始める。先月28日、初の決勝トーナメント進出を目指す日本は、優勝候補のアイルランドを1912で破る衝撃の金星を挙げた。歴史的快挙である▼敗れたアイルランドも「日本は本当に強いチームで、その素晴らしさを体感した」と日本を称えた。スポーツはすがすがしい。”公正なルール”の下、お互いが全力を尽くし、そこでしか生まれないドラマが生まれる▼いま韓国には”公正なルール”がない。法務部長官になった曺国氏をめぐる問題は、すべてルール度外視の常識外れなものだ。公職倫理法違反、証拠隠滅、資本市場法違反など、これらの巨悪の容疑を抱える人間が法務長官に就任した。▼一方、支持派と反対派の戦いは、毎日のようにソウルの街頭で繰り広げられている。先週末に行われた曺国支持派の集会には、主催者発表で80万人が集まったという▼この手の「主催者発表」の数字は、ほとんどのケースで誇張されたものであり、メディアも真実を報道しない。前政権末の「ロウソク集会」も同じようなものだったといわれる。参加者の数を水増しすることで、「我々にはこれだけの支持者がいる」と印象付けるのである▼ルール破りは、主思派で固められた現政権だけではない。自由韓国党の主流派も同様だ。朴槿惠前大統領が弾劾されたときに、朴前大統領と闘うことを放棄、弾劾に賛同、前代未聞の裏切りを行った。裏切りという破廉恥な行為を行ったことに対し、金武星などいまだに反省も謝罪もしていない。

2019-10-02 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
韓国メディアはなぜ信頼を失ったか?
巨悪の標本の法務長官を強制捜査
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません