ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-17 04:37:15
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年09月26日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【映画】「国家が破産する日」(韓国)
通貨危機の裏側で起きていた人間模様

危機に立ち向かうチーム©2018 ZIP CINEMA, CJ ENM CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
 1997年に韓国で起こった通貨危機(IMF経済危機)の裏側を描き、史実に基づいた社会派ドラマ。
経済が右肩上がりの成長を遂げ、好景気が続くと国民の大多数が信じて疑わなかった97年。韓国銀行の通貨政策チーム長、ハン・シヒョンは通貨危機を予測。しかし、彼女の報告書を踏まえ、政府がようやく非公開の対策チームを招集したときには、国家破産まで残された時間は7日間しかなかった。シヒョンは事実を国民に知らせるべきと主張するが、「知らせるべきではない」という財務次官と激しく対立する。
同じ頃、危機の兆候を独自にキャッチした金融コンサルタントのユン・ジョンハクは、人生を変えるチャンスと見て、一世一代の大勝負に出る。一方、経済情勢に疎い町工場の経営者ガプスは、大手百貨店からの大量発注を手形決済という条件で受けてしまう。自国通貨の価値が加速度的に下落する中、彼ら、そして国家は生き残ることが出来るのか―。
キャストは国民側に立って孤軍奮闘、IMF専務理事とも渡り合うハン・シヒョン役に、『10人の泥棒たち』のキム・ヘス。危機を機会と捉え、自分の信念に沿った投資に賭ける青年ユン・ジョンハク役に、『ベテラン』のユ・アイン。工場と家族を守ろうとするガプス役に、『人狼』のホ・ジュノ。シヒョンと対立する財政局次官役に、『王宮の悪鬼』のチョ・ウジン。IMF専務理事役には、国際的に活躍するフランスの俳優で、韓国映画初出演のヴァンサン・カッセル。落ち着いたトーンの作風に沿った、キャスト陣の抑えた演技が効いている。監督は『パーフェクト・ボウル運命を賭けたピン』で長編デビューし、本作が長編2作目となるチェ・グクヒ。
本作『国家が破産する日』は、危機に対処する人々の姿を描いている。作中で国家破産という深刻なできごとを淡々と控えめに描き、追い詰められた人々の動向がかえって真に迫り、観ている者の胸を打つ。それはひとえに、実力派ぞろいのキャスト陣の演技力と、彼らをまとめ上げた監督の手腕といったところだろう。テーマ的にはパニックムービーとして激しく描くことも可能であるのに、そうでないところが新鮮だ。そして、映画では「危機は巡り巡って繰り返すものだ」と告げているが、それは韓国だけのことではない。

(宋 莉淑 ソン・リスク/文筆家)

公開=11月8日(金)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
公式HP=http://kokka-hasan.com/

2019-09-26 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
韓国メディアはなぜ信頼を失ったか?
巨悪の標本の法務長官を強制捜査
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません