ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-17 04:37:15
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年09月26日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「脱原発政策に反対」
原子力業界の統合労組発足

文在寅政権の脱原発政策(エネルギー転換政策)に反対し、新ハンウル3・4号基の建設再開を要求する原発関連企業の労働組合が連帯協議体を結成した。参加組合は、韓水原、韓電技術、韓国原子力研究院、韓電原子力燃料、コゼン、LHE労働組合など6社で、彼らは24日、青瓦台の噴水広場の前で「原子力労組連帯」の創立を発表し、記者会見を通じて対政府闘争を宣言した。
原子力労組連帯(原労連)は、「文政権が国民的合意なしに、一方的な脱原発政策で社会葛藤と国民分裂を放置し、国家経済発展の源泉である原子力産業を荒廃させている」と主張した。原労連は、文政権による、月城1号基の早期閉鎖、原発利用率の低下、再生可能エネルギー購入費用の急増、原発企業の破産、原発の輸出不発、電力公企業の赤字急増を糾弾した。
原労連は、原子力産業の輸出を促進し、国家技術競争力を維持・強化するため、労組連帯を通じて、強力な対政府闘争を展開すると強調した。

2019-09-26 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
韓国メディアはなぜ信頼を失ったか?
巨悪の標本の法務長官を強制捜査
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません