ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-17 04:37:15
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年09月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「元寇と玄界灘の朝凪」江刺家 丈太郎・著

 時は13世紀、モンゴル帝国の支配の矛先はもちろん韓半島へも向かっていた。高麗史に「骸骨野を覆う」と記されるほどの悲惨な状況下で、高麗王朝はモンゴルの軍門に下る決意をする。しかし、それを断固拒否する反乱軍「三別抄」は、徹底抗戦の構えに入った。一方で、南宋攻略に手間取っていたモンゴルは、南宋を孤立させるべく日本侵略を決定し、高麗を利用する作戦に出る。あるとき、三別抄から日本へ「高麗牒状」が届いた。
この書状がどうやって鎌倉幕府へ届いたのか、誰が差し迫った状況を説明し、この不審な書状を朝廷へ送達せしめたのか―。著者は、「今日の日本人や日本文化があるのは、この高麗牒状によるところが大きい」との思いから、本書の発想を得たという。
ペルシャ人の貿易商の娘、肥前・松浦党の跡取り、三別抄の猛者、9歳で親に売られた五島列島生まれの少女など、登場人物は皆、力強い。大国モンゴルに振り回される悲劇を跳ね除けていく姿に救われる。
郁朋社刊
定価=1500円(税別)

2019-09-19 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
韓国メディアはなぜ信頼を失ったか?
巨悪の標本の法務長官を強制捜査
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません