ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-12-11 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年09月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
『反日種族主義』の著者が語る「韓国社会にはびこる嘘と欺瞞」
YouTube『李承晩TV』

 韓日関係が悪化して以降、不買運動に代表されるような反日活動ばかりが取り上げられ、それに逆らう声は黙殺されてきた。だが、おき火のようにくすぶっていた「アンチ反日」は徐々に顕在化し、今や多くの人がその声に気付き始めている。

 YouTube番組「李承晩TV」では、『反日種族主義』の著者の一人である、李栄薫教授が主に進行を務める。李氏は動画の中で、「韓国社会には嘘がはびこっている」と告発した。
70カ国が参加する世界価値観調査によれば、韓国における”一般に人を信頼できるか”という質問に対する肯定的回答の割合は、1935年では38%、2010年では26%と、持続的に下落しているという。
韓国は国際的比較において、とりわけ互いに信じあうことが難しい国であるといえる。
14年に韓国で偽証罪による起訴を受けた人数は1400人にのぼる。これは日本の172倍だ。あらゆる保険詐欺が横行し、同年の詐欺による被害総額は4兆5000億ウォンを超えると推定されている。
政治はその最たる例だ。02年の大統領選挙を皮切りに、天安艦沈没事件・朴槿惠前大統領弾劾事件など、嘘は政治において有力な手段として登場し続ける。
徴用工に関した裁判も記憶に新しい。ついにこの嘘は司法部まで浸透した、と思わしめる判決だった。
李氏は、嘘をつく国民・嘘をつく政治・嘘の裁判の最も深く太い根こそが、まさに反日種族主義であると語り、「民族主義は国民が共有する最も強力な共同体意識だが、韓国の民族主義は正常ではない。李承晩TVは、再び国を滅ぼしかねないこの反日種族主義を批判し、打破していく」と締めくくった。
文在寅大統領は9日、多くの反対意見を押し切り、曺国氏を法務長官に強行任命した。声を上げても世の中は変えられない、とでも言うかのような「あてつけ人事」は、権力者が批判を封殺するためにしばしば用いる手段だ。
だが今、蔓延する嘘と欺瞞に立ち向かう流れが、確実に生まれ始めている。

2019-09-19 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
18年にフッ化水素輸入が急増
民団、「北送」は「帰国事業」か
崩壊する文在寅政権、悪の素顔
金正恩 「南北軍事合意」の破棄を確認
在日民団の思考停止と無気力
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません