ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年09月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
越谷レイクタウンで「bibigoフェア」
韓国の食とエンタメを味わう 

 GSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄などで韓日関係の悪化が懸念される中、越谷レイクタウン・イオンmoriで6~8日まで「bibigoフェア2019」が開催された。販売コーナーには各商品の試食ブースが設けられ、韓国の味を求める買い物客で賑わいを見せた。

 「bibigoフェア2019」は、エンターテインメントチャンネル「Mnet」を運営するCJ E&M JAPANと、調味料「ダシダ」などでおなじみのCJ JAPANが共催。イオンモールと連携して、食品ブランド「bibigo」が商品を訴求した。販売ブースには韓国料理に欠かすことのできないコチュジャンや、軽い食感と香ばしいごま油が特徴の韓国海苔、豚肉や野菜がたっぷり入った餃子など、代表的な人気商品が並んだ。平日である6日にもコーナーには多くの人が集まり、まとめて購入する買い物客も見受けられた。
8日は丸ごと一日を使ってエンタメデーを開催。ApeaceやKEVIN、Niisan’sなどがミニライブを披露し、最終日を盛り上げた。
17年から始まり、今回で3回目となるbibigoフェアの売上げは年々増加傾向にあり、昨年は3日間でおよそ100万円を記録。今回は最終的に約170万円を売上げた。bibigoはイオンモールだけでなく、米国に本社を置く「COSTCO」グループなどとも提携しており、今後の幅広い展開を計画している。
熱心に商品を見つめる中には、比較的若い世代の買い物客も見受けられた。関係者に話を聞くと、「『冬ソナ』ファンである親などの影響がきっかけで、次の世代が韓国に興味を持つようになったのかもしれない」とのこと。いずれにせよ、コスメや料理などで盛んに文化交流を行う若者たちにとって、両国の垣根はずいぶん低くなっている。
同関係者はまた、「政治的に難しい状況で、これからどのように関係が変化していくかはまだ分からないが、韓日両国が本当に仲良くなってほしいと思っている」とも語った。

写真=(右)飲食コーナーに集まる買い物客 (左)チーズタッカルビのソースなど、若者になじみのある商品も並んだ

2019-09-11 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません