ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-27 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年09月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
法務部長官に曺国氏任命
数々の疑惑が報じられるなかで

 文在寅政権を支持してきた若者たちが、同政権に反旗を翻している。曺国氏が数多くの不正疑惑を受け、同政権が掲げる「公正・正義」が偽りだということが明らかになった。娘の受験や学校の成績などに不正行為があったという疑惑に加え、奨学金の不正受給や投資問題など、誰よりも清廉潔白を主張してきた曺氏が、それを踏みにじった。
曺国氏の法務部長官任命に対して、日本で生活する韓国人の声を聞いてみた。
昨年から都内のIT企業に務めている李さんは「曺氏の行った娘の不正入学は、崔順実の娘のケースより悪質だ。なぜ裁判にかけられないのかが理解できない。文政権は”過程は公正、結果は正義”と公約した。曺氏の行為はこれと正反対だ」と怒りを露わにした。
李さんは「文政権は、曺国スキャンダルで落ちた支持率を挽回するため、より反日運動を強化すると思う。これからの日本での暮らしが心配だ」と官製反日への懸念も示した。
東京で働く別のニューカマーは「私たちの世代は学校で”黄金万能主義は排すべき”と学んだ。しかし、今の社会には既得権が存在する。保守政権時代の悪しき構造を根絶するために、現政権は改革を叫んだ。しかし現政権も変わらない。人間は生まれた環境に差があり、平等ではない。曺氏の行為は既得権の悪用だ。学生時代の努力を空しく感じる。正義というものが何かを、曺長官とその娘に問いたい」と心境を吐露した。
日本企業の内定を受けて、入国を待っている鄭東敏氏は「積弊清算を掲げているにもかかわらず、これだけ多くの問題が露呈した。彼らが主張する正義そのものに対して疑問が浮かぶ。曺国のような不正は、権力を持つ人間は、政党に関わらず誰もがやっていることだということが今回の件ではっきりした」と述べた。
批判の声が高まるなか、9日、文在寅大統領は前民情首席秘書官・曺国氏を新しい法務部長官として任命した。

2019-09-11 4面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【映画】『人間の時間』(韓国)
新型肺炎が全体主義体制を痛打
韓日で反全体主義のうねり
4月総選挙は、主思派が指名した候補た...
新型肺炎 広がる懸念…感染者増に伴い...
ブログ記事
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
自由統一
国家機能が麻痺 ウイルス被害に直面 ...
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません