ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-09-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年09月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 ある在日韓国人2世の男性から聞いた話である。戦後の混乱期に1世の父親が建てた家は、非常に狭く、粗末な造りで、大雨のたびに家が流されないか、吹き飛ばされないかと心配が絶えなかったらしい▼その後一家は男性の代になって新しい家を建て、心配も減ったというが、それでも家は川の近くにあったため、何かあれば浸水、最悪の場合は家が流されることも覚悟していたという▼先週末、大型の台風が首都圏を直撃した。公共交通機関などに遅れが出て混乱に陥ったが、幸いなことに台風の規模に比べて被害は少なかったように思える▼大雨に備えた治水対策が進んでいることだけではなかろう。情報網が発達し、台風の状況をつぶさに知ることができるようになった。建物の強度も増している。もしこれが、冒頭の男性が子供だった50年以上前に起きていたとしたら、被害はより甚大になっていただろう▼同時期を生きた日本人も、今ほど住環境が良かったわけではなかろうが、在日韓国人の苦労はそれ以上であったことは想像に難くない。1世も2世も、そうした苦労を乗り越えて今の生活基盤を築いてきた▼翻って、そうした困難をほとんど経験していない、我々の世代のことを考えてみる。自分たちの親や祖父母ほど必死で生きているのか▼1世2世の世代は、韓国の自由民主主義を守るため朝総連をはじめとした北韓組織と熾烈な戦いを繰り広げてきた。9日、曺国が法務部長官に強行任命された。従北へ前のめりになる現政権をどう見るだろうか。

2019-09-11 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
K-POPに夢を託す若者たち~全国か...
「曺国事態」韓国は全体主義へ行くか内戦か
ソウル光化門の台北代表部前で、国交正...
曺国・法務部長官候補の疑惑 
朴槿恵弾劾を弾劾した最高裁判決
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません