ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-09-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年09月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
民団大阪 韓禄春常任顧問を偲ぶ会
200余人が参席・献花

偲ぶ会のもよう
 昨年1月13日、97歳で他界した韓禄春常任顧問を偲ぶ会が8月23日、大阪韓国人会館で催された。200余人が献花し、故人の遺徳を偲んだ。親族代表として永岡雅喜、埒勇三、柳寅浩の3氏、実行委員長は呂健二民団中央本部団長、呉龍浩民団大阪本部団長。
開式辞を鄭夢周民団中央本部副団長が述べ、故人の追悼映像が紹介された。韓禄春常任顧問は、大阪で日本一のマンモスキャバレー「富士キャバレー」を起こし、その収益金の多くを祖国韓国や故郷江原道、そして民団組織をはじめとする在日同胞社会に寄付し、それぞれの発展に大きく貢献した。その善意は、見返りを望まない行いとして広く知られていた。
そのような功労に対して1971年、国民勲章無窮花章が贈られた。
参列者らは、「愛国・愛団の情が人一倍熱く、常に縁の下の力持ちとして、民団組織と在日同胞社会を支え、祖国大韓民国の発展に無私無欲で貢献してきた人を失ったことは実に残念だ」もう、あのような人は出てこないだろう」「何の打算もなく、何の私欲もなく、祖国と在日同胞社会に貢献していた姿には頭が下がる」など故人を追悼していた。

2019-09-04 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
K-POPに夢を託す若者たち~全国か...
「曺国事態」韓国は全体主義へ行くか内戦か
ソウル光化門の台北代表部前で、国交正...
曺国・法務部長官候補の疑惑 
朴槿恵弾劾を弾劾した最高裁判決
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません