ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-09-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年09月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
香港に自由を、アジアに自由を!

 8月29日(木)の午後、JR渋谷駅前で、香港住民の自由のための闘争に敬意と連帯を表明する集会があった。「香港に自由を!アジアの自由を!中国の侵略と人権弾圧を許さない!連帯国民行動」が主催した。参加者たちは、主催側のフェイスブックなどSNSを通じての呼びかけに応じたかたちだ。往来する多くの市民はもちろん、外国人観光客も一緒に写真を撮るなど声援した。
3時間続いた集会では、演壇に立った日本文化チャンネル桜代表の水島総氏やアジア自由民主連帯協議会の三浦小太郎事務局長らが、香港住民の闘争を支持し、習近平の中国が恣行しているウイグル人などへの民族浄化を糾弾した。
特に、三浦小太郎事務局長は、安倍首相が共産全体主義独裁者の習近平を国賓招待したことを批判。もし、中国人民解放軍によって香港人の血が一滴も流されたら、日本は東京オリンピックに中国選手団の参加を拒否し、2022年北京冬季オリンピックをボイコットするよう要求した。
中国はすでに韓半島を「第1列島線」の中に入れ支配を目指している。侵略的全体主義体制の中国に屈服するのは奴隷になることだ。在日韓国人たちも、共産全体主義に対する闘争に積極参加が望まれる。

2019-09-04 4面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
K-POPに夢を託す若者たち~全国か...
「曺国事態」韓国は全体主義へ行くか内戦か
ソウル光化門の台北代表部前で、国交正...
曺国・法務部長官候補の疑惑 
朴槿恵弾劾を弾劾した最高裁判決
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません