ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-09-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年09月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
国民の税負担率が増大
調査開始以降、最大上昇幅を記録

 国会予算政策処は8月26日、「2019租税手帳」を発行した。
それによると、18年の租税に対する国民負担率は26・8%で、前年に比べて1・4ポイント上がった。上昇幅は同統計を取り始めた00年以降最大。国民負担率は税金に国民年金や健康保険など準租税を合計した額が、国内総生産(GDP)全体に占める割合で、今回上昇幅が急激に拡大した要因は現政権発足以降、各種租税が引き上げられたことが影響したと見られる。法人税と所得税の最高税率が引き上げられたことに加え、健康保険料などの社会保険料も引き上げられた。
盧武鉉政権下の07年と李明博政権下の12年に23・7%だった国民負担率は、朴槿惠政権の16年に24・7%へと上昇に転じた。
文在寅ケアの名のもと、弱者救済のための社会福祉制度を強化しているが、逆に国民の負担が増加するという結果を招いている。

2019-09-04 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
K-POPに夢を託す若者たち~全国か...
「曺国事態」韓国は全体主義へ行くか内戦か
ソウル光化門の台北代表部前で、国交正...
曺国・法務部長官候補の疑惑 
朴槿恵弾劾を弾劾した最高裁判決
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません