ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-09-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年09月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

出口の見えない韓日関係だが、市民レベルで関係修復を望む声が高まっている。この動きは、特に韓国で高い▼韓国国内で文政権を糾弾する動きは、反日デモ以上に盛んだという。反・反日が反日を上回っているが、メディアでは断片的に伝えられるだけで、広く日本国内に韓国情勢が伝わっているとはいいがたい▼日本の対韓輸出手続き見直しを受け、韓国では日本製品の不買運動が始まった。主思派文在寅政権の露骨な官製反日運動は、前近代的で幼稚だ。「ノー・ジャパン」ではなく「ノー・アベ」であるとの訴えもある。これも、日本全体に対してではなく、あくまでも安倍政権に対する抗議であるとする左派の”エクスキューズ”にすぎない▼日本側ではどうか。一部で「韓国たたき」がエスカレートしてきている。ここは状況を落ち着いてみる必要があろう。そうすれば気づくはずだ。韓国全体ではなく、文政権が現在の混乱をもたらしていることに▼当面は韓日の官民ともに、相手国に対して自国の状況を粘り強く伝えていく以外に、この問題の解決策はなかろう。特に日本政府は、韓国側の対話提案を無視する形になっているが、それでは相手の態度を硬化させるだけだ。なぜ韓国を「ホワイト国」から除外したのか、いま一度、韓国国民にもわかりやすく伝える努力をしてもいい▼韓日両国がこれまでの関係に戻るには、文在寅政権の退陣、そして主思派政権を打倒する以外に道はない。両国の関係正常化のためにも、その点を正しく認識すべきだ。

2019-09-04 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
K-POPに夢を託す若者たち~全国か...
「曺国事態」韓国は全体主義へ行くか内戦か
ソウル光化門の台北代表部前で、国交正...
曺国・法務部長官候補の疑惑 
朴槿恵弾劾を弾劾した最高裁判決
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません