ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年09月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
偏向報道に終始する韓国メディア
平壌メディアと大差なし

韓国メディアの堕落が深刻だ。文政権の徹底した弾圧のせいもあるが、巨大メディアが自ら文政権の扇動機関化している。事実を平然と捏造する。8月15日、光化門で文在寅打倒集会が大規模に行われたが、ほとんどの媒体が報道しなかった。
報道しても、太極旗集会より少数の反日デモを先に報道し、太極旗集会は無視か、縮小報道する。20万人以上が参加した太極旗集会を3000人と報じた放送もあった。このような報道のため視聴率は当然落ちるが、従北労組が掌握した放送などは是正しない。
韓国のほぼすべてのメディアが韓半島の未来を決定する米中戦争について報道しない。香港のデモをはじめ、中国と金正恩、文在寅が嫌う内容は報道しない。
光化門で利敵団体が跋扈しても警察は放置し、メディアも報道しない。朝鮮・中央・東亜などの新聞は国民の反発が深刻になるや、曺国事態を契機に文政権批判記事を掲載する。だが、政界全体に波及する内容は極力取材しない。
多くの国民がすでにYouTubeなどニューメディアを利用するが、文政権はニュースと世論操作を平然と恣行し、右派が掌握したニューメディアを弾圧している。

2019-09-04 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
朝総連は平壌にも抗議できるか
文在寅支持者も不信の不動産対策
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません