ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年08月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
18年12月の在留外国人統計 数・比率とも減少の在日同胞

 法務省は7月25日、2018年12月の在留外国人統計を発表した。
統計によると、日本に滞在している外国人は17年12月の256万1848人から16万9245人が増え273万1093人となった。韓国籍者は44万9634人で16・46%を占め、17年の45万0663人、17・59%に比べ数も比率も減った。特別永住者は29万5826人から28万8737人に減った。
北韓国籍者は17年の3万859人から2万9559人となり、日本に滞在している北韓国籍者はもはや3万人にも満たない。
昨年に続いて中国国籍者が最も多い外国人だった。17年の73万890人から74万6720人になり数は増加したが、外国人全体の比率では28・52%から28%に減少した。

2019-08-15 12面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません