ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年08月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「軍事境界線を超えて」脱北元兵士が講演会

講演する呉氏
 軍事境界線を突破し、銃撃を受けながらも脱北した元北韓兵士の呉青成さんの講演会が7月27日、大阪市中央区のドーンセンターで開かれた。講演前に記者会見も予定されていたが、身の安全を考慮して中止された。主催したのは、北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会(山田文明会長)とAKU(Action for Korea United・柳慶義共同代表)で、呉青成さんは、脱北した動機や北韓の現状を語った。
元北韓軍兵士の呉青成さんは、2017年11月13日午後3時ごろ、軍事境界線がある板門店で脱北。その際、北韓軍兵士の銃撃を受け負傷したが、逃げ切った。銃撃を受けた模様などは、ニュース番組などで繰り返し放送された。韓国軍の発表では、北韓軍兵士は呉さんに約40発を発砲、うち5発が命中し重篤な状態にあったが、奇跡的に一命を取りとめたという。18年2月に退院、6月にはハナ院(北韓離脱住民定着支援事務所)を修了。「北にいる家族に会うために生きたい」としてテレビ番組などに出演し、南北統一を希求する訴えをしている。
身長180センチと長身、25歳の呉さんの講演要旨は次の通り。
「父が軍人で、衣食住の不足などがなく育った。兵士として配属された板門店では多くの外国人観光客の姿を見て、外国文化に触れたいという欲求にかられた。病気の母が車で15分ほどの距離にいるのに会えないのがつらかった。世襲の金正恩体制だが、何がなんでも神格化しているように感じていた。心の底から金正恩を尊敬している人はいない。若い世代には指導者への無関心が広がり忠誠心もないからだ。核・ミサイル開発を強調し、アメリカと戦争するという雰囲気も感じた。北韓では現金だけの使用だったが、韓国ではカードも使えるし、また韓国はガスレンジを使っているが、北韓は練炭だった。いずれにしても、北韓社会もカネや権力がないと野垂れ死にするだけだ。月給は、たばこ1箱か半箱買える程度だったが、肉のスープは毎日あったし、軍服や生活必需品は軍から支給された。だが、軍支給のタバコ1本しかない時もあった。北韓と韓国を自由に行き来できるようになるなら、私は人生の全てを捧げてでも南北統一を成し遂げる仕事をしたい」などと語った。

2019-08-15 12面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません