ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-27 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年08月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「反日感情の制御が重要」―慶煕大学非暴力研究所長・許祐盛―

慶煕大学非暴力研究所長を務める許祐盛氏は5日、「反日感情は制御しなければならない」として、教育や言論によって助長される集団利己主義を厳しく批判した。
同氏は、日本の反韓感情の緩和と、韓国社会内部の憎悪を減らすために感情を自制すべきだと主張した。「日本は離れることのできない隣国であり、反日世論と外交的に誤った判断のせいで韓日米安保体制に回復し難い亀裂が生じれば、韓国の自由民主主義は危うくなる。これ以上、敵対感情を扇動してはならない」として、両国が共に成功できるように、共存関係を結んでほしいと述べた。

「生存のため韓日協調を」―外交部政策諮問委員・南楨鎬―

韓国外交部で政策諮問委員を務める南楨鎬氏は6日、韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄しても構わないとする意見が高まっていることを懸念し、GSOMIAの破棄を肯定するのは日本の安全保障上の重要性を知らずにいる証左だ、と苦言を呈した。
また、「特に米国からの安保が不安定になるほど韓日は協調してきた」として、韓国が北朝鮮の脅威にさらされている今、最小限の安保協力関係でも維持する必要があると訴えた。同氏は、「歴史を知らない民族に未来はない。生存のために手を取り合った過去を思い出すべきだ」と強調した。

2019-08-15 11面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【映画】『人間の時間』(韓国)
新型肺炎が全体主義体制を痛打
韓日で反全体主義のうねり
4月総選挙は、主思派が指名した候補た...
新型肺炎 広がる懸念…感染者増に伴い...
ブログ記事
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
自由統一
国家機能が麻痺 ウイルス被害に直面 ...
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません