ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年08月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【映画】次代の才能発掘へ 文晟豪監督がグランプリ

商業映画制作の願掛け用ミサンガを足に着けていた文監督(右)。願いが叶い、主演の望月歩さん(左)によるミサンガ・カット
 これからの時代に活躍するであろう若き才能を発掘するため、今までとはまったく違う形のオーディションが行われた。動画サービス会社GYAO!と 芸能事務所Amuseが始めたNEW CINEMA PROJECTだ。監督(映画のオリジナル企画)を公募し、出演者や主題歌を担当するミュージシャンもオーディションで決定するというもの。求められる企画は、小説やコミックといった原作をベースとしない完全なオリジナル作品。
約400作品の応募の中から見事グランプリを受賞したのは、文晟豪監督・蛭田直美脚本の『五億円のじんせい』だ。幼い頃、人々の善意による寄付金で命をとりとめた主人公。他人が望むように生きてきた人生に嫌気がさし、自殺しようとするが…。
旅行と旅との違いは何か、など考えさせられる台詞があちこちにちりばめられている。重いテーマだが、見終わった後に残るのは爽快感に近い。
文晟豪監督は広島県出身。高校を卒業後、韓国の弘益大学校視覚デザイン学科で映像を学んだ。日本に戻った後はコマーシャルやイベント映像などの演出を手掛ける傍ら、自主制作の短編映画に取り組んできた。全国公開中。

2019-08-01 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません