ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年08月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「韓日の不和を煽る国々」―元ロイター防衛担当記者・ピーター・アップス―

元ロイター防衛担当記者のピーター・アップス氏は7月25日、23日にロシアの早期警戒管制機と韓国の戦闘機が相まみえた事件について、「偶然起こったことではなく、韓日の対立を深める目的があった」との意見を明らかにした。
同氏は、「これらの国々は他にも不和を煽る手段を有しており、状況が悪化するほど他国を攻撃するような示威行為を強める可能性がある。米国の敵対国が、米軍との直接対決を避けつつ米同盟国を刺激する事例は増える一方だ」として、中ロの共同行動を憂慮した。

「IT産業導くリーダーを」―漢陽大学教授・パク・ジョンイル―

漢陽大学コンピュータソフトウェア学部で教授を務めるパク・ジョンイル氏は7月22日、次期科学技術情報通信部長官の任命に関連して、「第4次産業革命の新技術に合致した良質な雇用を作り出さねばならない」と述べた。
同氏は次期長官に必要な資質として、国民の要求に見合う道徳性や、通信事業者の利害関係に振り回されない公共性を挙げ、「教授などではなく、民間企業出身の現場で活躍した専門家が好ましい。国政哲学を共有し、科学技術界とIT産業の革新的な成長を導くリーダーを望む」とした。

2019-08-01 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません