ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年08月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
健保財政 赤字が拡大
税金の支出増、医療サービス低下を懸念

 国民健康保険公団は7月23日、「第1次国民健康保険総合計画」を発表した。この計画によると、健保財政の当期収支は3兆1636億ウォン、来年は2兆7275億ウォンが見込まれる。その後も財政状況は改善せず、2022年までの4年間で合計8兆6467億ウォンの赤字が累積される予測だ。この数値は昨年、健保公団が作成した「中長期財務管理計画」と比べても3兆5000億ウォンも赤字幅が大きい。
原因は、文在寅ケアと呼ばれる健保保障の強化政策にある。今年の第1四半期の赤字は3946億ウォンで、昨年同期の1204億ウォンと比べて3倍も増えている。健保は、11年の6008億ウォンから17年まで7年連続で黒字を維持してきた。
文政権は悪化する健保財政に対して予想された赤字と主張しており、同政権の公約でもある健歩保障率70%の実現を目指している。さらに、以前は保険適用外とされていたMRIや超音波検査、上級病室の利用まで保険が適用されることになり、健保財政の悪化を招いた。
7月21日の保健福祉部の発表によると、国民1人当たりの外来診療を受ける回数は年間16・6回にまで増加した。これはOECD(経済開発協力機構)加盟国の平均の2倍を超える。
一方で、診察料などの引き下げから病院を訪れる患者数が増加したが、医師や看護師は不足し、医療サービスの水準が下がったとの指摘もある。
文在寅ケアを通じて患者の診療費負担が減ったものの、実際は増え続ける医療赤字のために、国民が負担しなければならない税金支出が増えているという声も出始めている。

2019-08-01 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません