ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年08月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
中韓の途上国優遇停止を
トランプ大統領がWTO改革を明言

 トランプ米大統領は7月26日、ツイッターで「WTOは壊れている。それは、世界でも豊かな国々がWTOルールを逃れ、発展途上国として優遇措置を受けている」とし「90日以内に実質的な進展がなければ、米国はこれらの国に対する途上国優遇を中断する」とコメントした。 
トランプ大統領が「発展途上国として優遇措置を受けている」とする国は、中国・香港・メキシコ・シンガポール・アラブ首長国連邦(UAE)・ブルネイ・韓国など。WTOでは、発展途上国か先進国かを「自己申告」で決定していた。
今回のターゲットは貿易戦争が激化している中国と見られるが、韓国にも飛び火した格好だ。
トランプ大統領が指摘した途上国の条件は(1)現在、主要20カ国・地域(G20)加盟国(2)経済協力開発機構(OECD)加盟国または加盟手続き中の国(3)世界銀行が分類した高所得国家(4)世界貿易量の0・5%以上を占める国このうち一つでも該当すれば途上国と認めるべきではないというのが、米国の立場だ。
韓国は四つの条件すべてにあてはまる。 
韓国がWTOで途上国の地位を失えば、これまで受けてきた関税特恵、一部の農産物に対する補助金などが制限される。

2019-08-01 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません