ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-11-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年07月29日 18:24
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
釜山大本館に在日同胞・金慶憲氏の胸像設置
在日同胞と本国市民 連携のロールモデルに

 韓国の有名国立大学に、在日同胞の功績を讃える銅像が建てられた。釜山大学(全虎煥総長)は24日、在日同胞1世で慶憲シルバーアカデミー設立者である故・金慶憲氏の胸像を、大学玄関の本部建物1階ロビーに建立した。胸像の除幕式には、釜山市民や在日同胞、大学関係者が集う祝いの場となった。(釜山=李民晧)



除幕式は、母国・韓国の生涯教育発展と故郷愛の実践に尽くした故人の業績を讃える声が溢れた。胸像が除幕された7月24日は、釜山大生涯教育院高齢者過程「慶憲シルバーアカデミー(以下慶憲シルバー)」の設立者、金慶憲(1927~2017)氏の他界から2周忌を迎えた日だ。胸像の建立は釜山大と慶憲シルバーの総同窓会、慶憲福祉財団などが共に進めた。

 除幕式には、釜山大の趙堈熙副学長と康榮心生涯教育院長、金建治・慶憲シルバー日本後援会会長をはじめとする在日同胞メンバーら、李正雨慶憲福祉財団理事長と慶憲シルバー総同窓会会員らおよそ150人が参加。故人の高齢者福祉及び生涯教育に対する情熱と奉仕の精神を偲んだ。
2001年8月、釜山市の委託によって始まった慶憲シルバーアカデミーは、同日修了した36期生をはじめ、全2925人の修了生を輩出した。2002年、在日世界韓人商工人連合会の役員を中心に、慶憲シルバーアカデミーの日本後援会が結成された。在日同胞たちは当時から年に2回の修了式に出席し、母国の高齢者らとの縁を繋げている。

 また、ボランティア団体も自発的に構成された。2003年に慶憲シルバーの総同窓会、2007年に慶憲シニアセンターと慶憲総合芸術団、2011年に慶憲福祉財団などを結成。修了生らを中心として、釜山地域における社会奉仕活動を活発に展開している。
2013年、金慶憲会長が釜山大に寄託した奨学基金は奨学会に託され、外国出身の留学生や高齢者福祉を専攻する学生たちに向けた奨学金の基盤となった。

 趙堈熙副学長はこの日、「数十年間教壇に立っているが、こんなに美しい修了式は初めてだ。修了生たちが活動を続け、修了する後輩を先輩たちが祝う姿は類を見ない」と感嘆した。
全虎煥総長は「胸像の建立によって、金慶憲会長の高貴な志が慶憲シルバーアカデミーの伝統と分かち合いの精神となり、それが今も生き生きと受け継がれていることを確認した」と語った。李正雨韓国後援会会長は「故人の2周忌となる日に胸像が建ち、感無量だ。故人の故郷愛、母国に対するボランティア精神が多くの方に伝わることを望む」と語った。

 

 この日出席した在日会員15人の代表として登壇した金建治・在日後援会会長は「修了生たちがそれぞれの分野で社会奉仕活動を積極的に展開する様子を見るたびに本当に感動している。日本にいる会員たちは、慶憲シルバーに対する継続的な支援を惜しまない」と語った。

 来年1月にも修了生3000人を突破する慶憲シルバーは、韓国最高峰の高齢者再教育、生涯学習機関として評価されている。慶憲シルバーは在日同胞1世がその歴史をスタートさせ、2世らがその縁を継承している。釜山の地域住民らもそれに呼応し成功を収めているという連携のサクセスモデルなのだ。

뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
文政権の「公捜處」クーデターを阻止せよ
国民への対決を宣言した文政権
揺れ動く韓国航空業界
【映画】「EXIT」(韓国)
風向きが変わった革命的な国民抵抗
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません