ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「まずは首脳同士の対話を」―歴史学者・鄭在貞―

近代韓日関係史を専門とする鄭在貞氏は22日、「管理療法を駆使して関係悪化を防いできた両国政府が、襟度を超えて合併症まで誘発するに至った」と表現した。
同氏は悪化した韓日関係の打開について、「韓日の相互不信はそのまま首脳間のコミュニケーション不足と尊重の欠落を意味している。この難局を打開するには、首脳同士の信頼回復が唯一の方法だ。対話の突破口として、韓日請求権協定の遵守を改めて確認することから始めてはどうか」と提言した。

「政府と国民は同じではない」―ソウル大学国際大学院教授・朴兢煕―

ソウル大学国際大学院で教鞭をとる朴兢煕氏は19日、韓日の経済軋轢をめぐる問題に対し、「政府と国民を同じものと考える単純な図式から抜け出さない限り、葛藤を解消することはできない」と述べた。
また、韓国の一部が持つ「経済制裁は自民党が国内政治用に出した一時的なもの」との見方を誤りとして否定している。同氏は、「日本の措置は輸出に対する禁止ではなく制限であることを念頭に置き、まず円滑な意思疎通をすることが賢明だ」と、冷静な対応を求めた。

2019-07-24 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
월드옥타 도쿄지회 제14·15대 ...
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません