ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
都内で韓国文学読書会
韓流ファン以外にも広がり

 双子のライオン堂書店(東京都港区)と、韓国文学マニアのともよんださんが主催する「連続する読書会・韓国文学」(月1回・全3回)が18日から始まった。1回目から順に『フィフティ・ピープル』(チョン・セラン著・亜紀書房)、『すべての、白いものたちの』(ハン・ガン著・河出書房新社)、『悲しくてかっこいい人』(イ・ラン著・リトルモア)を取り上げる。
18日の参加者は10人で、やや男性が多かった。韓国文学にこだわらない読書好きが集まったという印象だ。日本の書籍はもちろん、ポルトガル文学やロシア文学の話も飛び交う。
欧米が中心だった翻訳本の中に、アジア文学が浸透してきた昨今、特に韓国の作品数には目を見張るものがある。韓流ファン以外の人が手に取って「これはおもしろい」と次を読む―この広がりは新しい。

2019-07-24 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません