ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年07月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ソウル 民団生活相談センターがセミナー
金昭夫所長ら過去最多の35人参加

セミナー後の記念撮影

 民団生活相談センター(金昭夫所長)の本国セミナーが14~17日の日程で、韓国ソウルで開催された。今回のセミナーは、韓日政府の関係が著しく悪化している中で開催されこともあり、関係者らの発言が注目された。
初日の晩さん会を主催した呂健二民団中央本部団長は「韓日関係が実に深刻な状況に置かれている。
その中で暮らす在日同胞たちは強い危機感をおぼえている」と日本国内の雰囲気を伝えた。民団生活相談センターの初代所長を務めた呂団長は「そうした点でも生活相談センターの活動は重要であり、両国間における生活問題を解決することで双方の理解が深まってほしい」と語った。
大韓法律構造公団の趙相煕理事長は「民団と協力し、法的問題の解決や在日同胞専用サイバー相談システムを設置するなど、ネットワークを円滑に構築してきた。今後も在日同胞の法制度が整備されるよう協力し、同胞の権益擁護に法的サポートができるよう努めたい」と明かした。
民団生活相談センターは、税金と相続、婚姻、家族関係登録の整理、兵役など、同胞たちが抱える様々な悩みに対応する民団の傘下団体だ。今年で6回目を迎えた相談センター本国セミナーには、金昭夫所長をはじめ全35人が参加し、歴代最多の参加者数を記録した。
(ソウル=李民晧)

2019-07-24 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません