ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年07月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「ヒキガエルがいく」パク・ジォンチェ作/申明浩・広松由紀子訳
太鼓のリズムにのりヒキガエルが進む たどり着いた先に広がる生命の不思議

 初めに登場するのは山の頂から見た雄大な景色だ。幾重にも山々が連なっている。次に私たちは草むらに降ろされる。さらに草の中へズームインすると、「トン」と1匹のヒキガエルが出てきて、じっとこちらを見ている。目と目が合った状態で、しばらく身動きができない感じだ。
するとヒキガエルは、私たちにかまっている暇はないと言わんばかりに「ト トン」と斜め前方へ動き出す。
それからのカエルたちの動きがすばらしい。「トトトン トトトン ドンドン ダンダン」と小気味よい太鼓のリズムとともに、次々とやってくるヒキガエルたち。いったいどこへ向かっているのか。
危険が潜む道を物ともせず、溝に落ちても這い上がっていく。ページには太鼓のリズムが書かれているだけだが、車道を渡ろうと金網をよじ登るガシャガシャ音や車の騒音が絵を通して響いてくる。
そうしてたどり着いた先に、美しく深い生命の世界が待っている。そして最後に「ドン」とくる。インパクトの強さでは群を抜く絵本だ。子どもも大人も十分に楽しめる。ページをめくるたびに、カエルたちの力強さに私たちの中の何かが突き動かされるようだ。
岩波書店刊
定価=1800円(税別)

2019-07-18 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません