ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「未来へ向けた寛容さを」―慶煕大学哲学科名誉教授・許祐盛―

慶煕大学哲学科名誉教授であり、非暴力研究所長でもある許祐盛氏は7日、民族主義の不寛容さを指摘した。
許氏はチベット仏教の指導者ダライ・ラマ14世の言葉を引用し、「彼は、『抑圧者と友人を含む我々すべてのために、より良い世界の建設に我々が共に成功できるように祈ります』と述べた。現代韓国人は今の日本を指して『我々』に含めることができるだろうか」と問いかける。
許氏は、隣人と和平を維持することも生存に利するとして、生存欲求を理由とする民族主義文化に苦言を呈した。

2019-07-18 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません