ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「未来へ向けた寛容さを」―慶煕大学哲学科名誉教授・許祐盛―

慶煕大学哲学科名誉教授であり、非暴力研究所長でもある許祐盛氏は7日、民族主義の不寛容さを指摘した。
許氏はチベット仏教の指導者ダライ・ラマ14世の言葉を引用し、「彼は、『抑圧者と友人を含む我々すべてのために、より良い世界の建設に我々が共に成功できるように祈ります』と述べた。現代韓国人は今の日本を指して『我々』に含めることができるだろうか」と問いかける。
許氏は、隣人と和平を維持することも生存に利するとして、生存欲求を理由とする民族主義文化に苦言を呈した。

2019-07-18 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません