ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓日交流展開催 
両国の芸術家が「友情の種」

劉志縁さんの作品「in the forest」
 東京駐日韓国文化院ギャラリーMIで、「日・韓交流展SEED」が11~17日まで開催された。国内外で活躍する韓日アーティストが集い、新たな表現の可能性を探る。
日・韓交流展SEEDは、2008年に韓国の日本大使館公報文化院で展示会を行った、韓日のアーティストが主体的に企画した。タイトルには、「花を咲かせる友情の種」という意味が込められているという。
今回は韓国から11人、日本から7人の計18人が作品を出展した。作品は絵画・写真・からくり・デジタルアートなど多岐にわたり、奔放な多様性が満ちる空間は人を惹きつける。展示会全体での統一したコンセプトはなく、各々が自由に持ち味を生かしたそうだ。アーティストの国境を越えた活躍に期待が高まる。

2019-07-18 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません