ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年07月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
海外からの投資が縮小
中国90%、米国65.8%、日本51.2%減

 産業通商資源部は11日、上半期の外国人直接投資(FDI)が減少していることを明らかにした。
資源部によると、FDIは”申告ベース”で98億7000万ドルで、昨年同期(157億5000万ドル)に比べ37・3%減った。
実際に投資が行われたと判断する”到着ベース”でみると102億2000万ドルから56億1000万ドルへと減少幅がさらに大きい。
地域別に見ると中国からの投資が大きく減少した。申告ベースでは3億ドルで前年同期に比べ86・3%減。到着ベースでは90%の大幅減となる7000万ドルだった。中国からの投資は、中米貿易戦争による中国経済、特に半導体市場の不振が深刻で下半期はさらに減少する可能性が高い。
米国は申告ベースで3・1%増の31億1000万ドル、到着ベースで65・8%減の6億3000万ドル。EUは申告ベースで41・5%減の26億8000万ドル、到着ベースで12・5%減の29億2000万ドルだった。
一方、日本も上半期の対韓投資は大きく減少した。申告ベースでは38・5%減の5億4000万ドル、到着ベースでは51・2%減の3億3000万ドルだった。徴用工をめぐる輸出優遇措置の解除など、韓日関係はぎくしゃくしており、当面、日本からの投資は回復しないという見方が多い。

2019-07-18 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません